キャッシングで借り過ぎが心配な人に知って欲しいこと

 消費者金融からのキャッシングで誰もが心配なのは、借り過ぎではないでしょうか?自分ではコントロールしているつもりでもお金欲しさについうっかり借り過ぎてしまうのではないかと心配するのは、キャッシング前によぎる不安の代表的なパターンです。借り過ぎれば返済が苦しくなりますから、心配になったり不安になって当たり前です。ですが、消費者金融からのキャッシングの場合、借り過ぎは法律によってしっかり抑止されています。

 貸金業法では、個人に貸し付けられる総額が原則として年収の3分の1までと決まっています。これを総量規制といい、消費者金融からのキャッシングにはこの法律が適用されます。つまり、どんなに借入をしたとしても、最大で年収の3分の1までしか借入はできません。それ以上貸し付けることは、法律によってストップされているのです。

 キャッシングを利用することでお金のやり繰りが円滑になるのは確かですが、だからといって好き放題借りていたら返済計画はどんどん厳しくなってしまいます。ただ、そうならないよう法律によってしっかり抑止されていますので、あまり無鉄砲な借入はできません。キャッシングでの借り過ぎは心配の1つかもしれませんが、法律によってあらかじめ抑止されているのです。

このページの先頭へ