金利から決まる借り入れと利息の関係性

お金はただでは借りられません。借り入れには必ず、利息というものが発生します。利息は返済の時に払うお金のことで、完済までの期間が長くなるほどに大きくなる特徴を持ちます。

借りたものをそのまま返して終わりなら、得をするのは借りた方だけです。借りる側ではなく貸した側を優位にするために、利息は機能します。利息が存在することにより、金銭の貸し借りにおいて、貸した側にメリットが生まれるのです。

利息の値を決めるのが金利で、金利が大きくなるごとに利息も大きくなります。ドラマなどでよく聞くトイチは、十日で借りた分の一割の利息がつくという金利で、非常にあこぎな数字となる為、現実社会では規制の対象になる事も少なくありません。

金利の高さは、借りた金額や信用によって変動します。一般的に見られるのは、借入金額が増えるごとに金利が減っていく仕組みです。キャッシングやカードローンの概要には、よく金利がいくつからいくつと範囲で示されていることが多いと思いますが、数字の小さい方がたくさん借りた人の金利で、低い方が借入金額が少ない人を対象にしたものと認識するのが正解です。

返済を真面目に行って完済を終えれば、次同じ金額を借りる時に少しだけ金利が少なくなることもあります。何はともあれ早期の返済を目指して、利息負担を軽減できるよう行動することが大切です。

このページの先頭へ